教育研究所ARCS

静かなクリスマス

ダイアリー

クリスマス

今年のクリスマスも昨日で終わってしまいましたね。
今年は…いや今年も何となく地味なクリスマスだったなぁというのが私の感想です。

かつては11月になるとデパートや商店街は盛んにクリスマスソングを流し、ツリーを型どった派手なイルミネーションが点滅していた。そんな印象があるからです。

さらにクリスマスといえば、恋人たちがロマンチックな夜を過ごす♡というのも定番でしたね。(今もそうかも知れないけど…)

だから(というわけでもないのでしょうが)恋人のいない人はクリスマスまでには何としても、彼氏彼女をつくらねばという決死的覚悟というか悲壮感がただよって(笑)いたものです。

きっと一人で過ごすクリスマスはさびしすぎるという思いがあったのでしょう。

しかしよく考えてみると、これらの少々バカ騒ぎめいたクリスマスは「この時期に儲けよう!」という業界人たちの陰謀(?)によるものだったのではないでしょうか。

商魂たくましい商業主義に踊らされて私たちはキリスト教徒でもないのに、長年お祭り騒ぎを演じて来たのだと思います。

それが震災を機に自粛ムードが広がり、電力不足と相まって地味クリに変わった。
そしてそれが定着しつつある。
そんな気がします。(マァ、バカ騒ぎの方はハロウィンに移ったというウワサもありますが……)

成熟した社会にこそふさわしい落ち着いたクリスマス

私はそんな落ち着いたクリスマスも悪くないと思います。

シンシンと冷え込むクリスマスの夜に、この1年を振り返り静かに落ち着いてこれからの人生を考える。
家族とささやかなごちそうを楽しく語らいながら食し、日頃伝えきれていない感謝の思いを、これまたささやかなプレゼントに託す。

恋人と2人で過ごすのも、外で仲間と楽しくパーティで盛り上がるのも悪くはありません。大いに楽しんで欲しい。

ただ、もう商業主義に乗せられての浮かれ騒ぎは終わりにしたい。
そして家族や本当に大切な人の元に帰り、少しだけ敬虔な気持ちで聖なる夜を過ごす。

そんなクリスマスも良いなと思うのですが…。
その方が成熟した社会の人間にふさわしいと感じるからです。

 

そういえば今年はすばらしいクリスマスプレゼントを頂きました。クリスマス直前私の誕生日に柄にもなく(?)ピアノコンサートに行ったのです。

あの世界的に有名なピアニスト辻井伸行さんのコンサートです。
一度ナマで聴いてみたかった辻井さんのピアノ。

もちろん大感激の演奏でした。ありきたりな表現ですが、まさに魂が浄化されるような透明な音色。それが満員の聴衆を飲みこんだオペラシティの空間に響き渡る。

やがて何曲か弾き終わると辻井さん、思いついたように「クリスマスも近いので…」と言い即興でクリスマスソングをメドレーで奏で始めたのです。

名ピアニストによるクリスマスソング…。

何とも贅沢な時間でした。豊かなひとときでした。
そして素晴らしいクリスマスプレゼントでした。

外に出るとビルの周りは都心のわりに静寂で、真冬の夜の冷たさだけが足元から這い上がってきます。

Silent night Holy night…

やはりクリスマスは静かで聖なる夜こそがふさわしいのですね。

良いお年を!

子育てセミナー 親学 第3弾 「子どもを意欲的にする親のあり方」

満員御礼!
親学第2弾(6月10日開催)はお申し込みが定員に達しましたので受付終了とさせていただきました。只今キャンセル待ちにて受付中です。
親学第3弾(7月16日開催)のお申し込みも受付開始しております。
なお、キャンセルされる方は一人でも多くの方にご参加いただくためにもお早めにご連絡ください。
どなた様も無料でご参加いただけます。席に限りがございますので気になる方はお早めにお申し込みください。 下記のようなテーマについて分かりやすくお伝えします。
  • 素直な良い子はなぜ伸びないのか
  • 「勉強しない」「宿題はやったの?」は禁句のわけ
  • 子どもを「なんとかしよう」は逆効果
  • 子どもの観察より親の自己観察が必要なわけ
  • 子どもの「自主性に任せる」は本当に正しいか
  • これからの時代、真に優秀な人間とはどんな人か
  • 常識を疑うことはなぜ大切か
  • 今どきの親子はなぜ共依存に陥りやすいのか
  • 2020年、大学入試はどう変わるのか

セミナーの詳細情報はこちら

265 views

開催予定イベントのご案内

親学はじまります

開催日: 2018年07月16日(月)

子育てセミナー 親学 第3弾 「子どもを意欲的にする親のあり方」

親学第2弾はお申込みが定員に達しましたので、締め切りとさせていただきます。 キャンセル等で空席が出る場合もございますので、締め切り後にご参加希望の方は教育研究所…

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA