教育研究所ARCS

ARCSブログBLOG

自分らしくオリジナルの人生を生きる教育・子育て

自分らしくオリジナルの人生を生きる

自分らしくある。自分らしく生きる。 このことを難しいと感じている人が多いようです。その理由はよく分かります。 私たちは多くの「顔」を使い分けて生活しています。子…

社会における「教頭的あり方」とは教育・子育て

社会における「教頭的あり方」とは

いつの頃からか学校の先生たちと話していて気づいたことがあります。 それは校長先生は元気で気さく。教頭先生はその反対ということです。 あくまで個人的印象ですが他に…

良い学校とはこんなところだ!教育・子育て

良い学校とはこんなところだ!

今日私は某私立高校の教員研修会に招かれ参加して来ました。そこでは各地に散らばる系列の学校からたくさんの先生たちが一校に集まり、授業参観や教科ごとの分科会での意見…

娘が父親を嫌うもっともな理由教育・子育て

娘が父親を嫌うもっともな理由

父親と娘の関係といえば次のことはよく知られた事実ではないでしょうか。 娘にとって父親とは?好きか嫌いかどちらかである!父親にすれば娘から好かれるか嫌われるか、た…

東大生から学ぶ自己信頼感とは教育・子育て

東大生から学ぶ自己信頼感とは

東大生とか東大卒というと人はどんなイメージを持つでしょう? 頭良さそう。秀才の集まり。知識が豊富。超優秀なエリート。真面目そう。ガリ勉。融通きかなそう。オタクっ…

問題はいつでも学びのチャンス教育・子育て

問題はいつでも学びのチャンス

実は誰でも必要な体験をしている。 たとえそれが耐えがたく不幸なものに見えても、より大きな視点では必要だから起こっている。そんな発想の転換はできないでしょうか。 …

おすすめコンテンツTOPIC

変わる日本の教育 子どもがこれからの時代を生き抜くために必要な力とは特集

変わる日本の教育 子どもがこれからの時代を生き抜くために必要な力とは

所長管野が学習塾クセジュ代表鈴木久夫と「変わる日本の教育 子どもがこれからの時代を生き抜くために必要な力とは」をテーマに対談を行いました。 大学入試の変更をはじ…

シリーズ教育を斬る!第3回「‘好きだと思う’ことのチカラ」特集

シリーズ教育を斬る!第3回「‘好きだと思う’ことのチカラ」

本企画は、教育研究所ARCSが指摘する「現在の小学校から大学までの教育の問題点」「今後の日本にはどのような教育が必要か」という点について、各界で活躍する方の視点…

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われたお悩み

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

【第5回】よい塾は優秀な講師が多い!コラム

【第5回】よい塾は優秀な講師が多い!

優秀な講師は授業技術だけではいけない 評判のよい塾とは例外なく優秀な講師の多い塾である。これについては、生徒や親の側が思う「いい先生」と塾が評価するよい講師の間…

EVENT教育講演会・セミナー

現在開催予定のイベントはございません。

ARCSの活動内容

教育研究所ARCSでは地域の教育力向上を目指すべく保護者のみなさまへ教育現場の情報を発信しています。
教育講演会や子育てセミナーを開催し思春期の親のあるべき姿や子どもの動機づけ、近年複雑化する入試システムの傾向と分析など子育てに奮闘中の方にとって有益な情報をおとどけしています。
人気コンテンツ講師ブログではARCS3人衆の個性満載で毎週更新しています。教育、子育てに関するブログはもちろん、各教科についての所感や勉強法にも触れる多彩なブログです。

ARCSとは