教育研究所ARCS

ARCSブログBLOG

母と息子 葛藤の日々教育・子育て

母と息子 葛藤の日々

親の影響は子にとってどれくらい大きいものなのか。その影響は生涯に渡って続くものなのか。すなわち人の幸不幸を決定づけるほど大きいものなのか。 最近そんなことを考え…

良い教師のあり方③教育・子育て

良い教師のあり方③

向上心の種をまくこと 教師になりたての人が最初に衝撃を受けるのは、一生懸命生徒に授業をやったとしても大半の生徒がその内容をほとんど覚えてくれないことです。 「あ…

良い教師のあり方②教育・子育て

良い教師のあり方②

これまでの私の実践や多くの教師を見てきた経験から、良い教師とは次のような特徴というか条件をもっている者と思います。 1、授業が面白いこと 2、生徒の潜在能力を見…

良い教師のあり方①教育・子育て

良い教師のあり方①

仕事柄「良い教師」とは何かを考えることが多い。 一生懸命生徒に勉強を教えることでは当り前すぎるので、恐らく「やる気を引き出す」とか「向上心のある人間に育てる」「…

「私は親である」 その危ういアイデンティティ教育・子育て

「私は親である」 その危ういアイデンティティ

我が子の様子を見てイライラしたり心配する親は多いと感じます。 今は受験シーズンなので、受験生をもつ親の気がかりは「無事合格できるだろうか」というものでしょう。あ…

子どもの受験から学ぶこと受験

子どもの受験から学ぶこと

かつて私は年末から正月にかけてゆっくり過ごした記憶はありません。30年以上に渡って塾講師として、進学塾の経営者としてこの時期受験生指導に携わっていたからです。 …

おすすめコンテンツTOPIC

変わる日本の教育 子どもがこれからの時代を生き抜くために必要な力とは特集

変わる日本の教育 子どもがこれからの時代を生き抜くために必要な力とは

所長管野が学習塾クセジュ代表鈴木久夫と「変わる日本の教育 子どもがこれからの時代を生き抜くために必要な力とは」をテーマに対談を行いました。 大学入試の変更をはじ…

シリーズ教育を斬る!第3回「‘好きだと思う’ことのチカラ」特集

シリーズ教育を斬る!第3回「‘好きだと思う’ことのチカラ」

本企画は、教育研究所ARCSが指摘する「現在の小学校から大学までの教育の問題点」「今後の日本にはどのような教育が必要か」という点について、各界で活躍する方の視点…

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われたお悩み

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

【第5回】よい塾は優秀な講師が多い!コラム

【第5回】よい塾は優秀な講師が多い!

優秀な講師は授業技術だけではいけない 評判のよい塾とは例外なく優秀な講師の多い塾である。これについては、生徒や親の側が思う「いい先生」と塾が評価するよい講師の間…

EVENT教育講演会・セミナー

現在開催予定のイベントはございません。

ARCSの活動内容

教育研究所ARCSでは地域の教育力向上を目指すべく保護者のみなさまへ教育現場の情報を発信しています。
教育講演会や子育てセミナーを開催し思春期の親のあるべき姿や子どもの動機づけ、近年複雑化する入試システムの傾向と分析など子育てに奮闘中の方にとって有益な情報をおとどけしています。
人気コンテンツ講師ブログではARCS3人衆の個性満載で毎週更新しています。教育、子育てに関するブログはもちろん、各教科についての所感や勉強法にも触れる多彩なブログです。

ARCSとは