教育研究所ARCS

第2回「親学」開催【子どもの自立を促し意欲的にする3つの法則】

セミナー

2020年10月4日(日)15:30~17:15(開場15:15)パレット柏ミーティングルームABC

勉強させよう、ヤル気を出させよう、自主的に行動させよう。
親が躍起になるほど子どもは親の望みと逆の方向へ走りだします。
親は子どものために「良かれ」と考え「~させよう」としますが、うまくいきません。
ここには心理的な、ある法則が働いているからです。今回はこの法則を3つの観点から考えていきます。

セミナーの内容について

長年教育の現場にいると、親の皆さんからよく相談されることは次のような悩みです。

「子どもが自主的に勉強してくれない」
「ヤル気が見られないがどうしたらよいか」
「塾や学校の宿題を直前にやっていて計画性がない」
「試験近くになっても寝てばかりいて心配」

また勉強以外でも
「集中力がない」
「朝起こさないと自分から起きられない」
「部屋が汚い」
「だらしない」等々。

そうしてついうるさく言ってしまうが一向に改善されないと、我々のところに訴えて来るわけです。

こういう親の悩みに対して教育の専門家などは「子どもをもっと信じよう」とか「子どもにアレコレ介入するのは良くない」などとお決まりの言葉(正論)を述べます。

しかしそんなことは親自身が一番よく分かっていることです。うるさく言いたくないけど言わざるを得ない。信じたいけど子どもの将来を考えると不安や心配に苛まれる。それが親というものです。

ですから、ついうるさく小言を言ってしまう、信じたいけど信じ切れないのは親なら当然なのだと割り切って、そこに罪悪感は持たないでよいのです。

ただ、親の皆さんに押さえて欲しいポイントは親と子の心理、人間同士の心理的葛藤にはいくつかの法則が働いているということです。

なので、ここで大切なのはまず親が人間関係の法則を明確に知ることです。人間関係をスムースにするには、ラポール(共感)、ビジョンの共有、深層心理の理解が必要ですが、前提にいくつかの法則の存在があります。

今回のセミナー「親学」では、この3つの法則を学びながら子どもの行動を望ましいものに変える方法を一緒に考えていきたいと思います。さらには子どもたちが新しい時代を生き抜く力をいかに身につけるかについてもお話する予定です。
よろしくお願いいたします。

管野淳一

イベント詳細情報

開催日 2020年10月4日(日)
時間 15:30~17:15(開場15:15)※会場の都合により時間を変更しました。
会場 パレット柏ミーティングルームABC
住所 柏市柏一丁目7番1-301号 Day Oneタワー3階
参加費 無料
申込締切日 2020年10月1日(木)
定員 35名 ※定員となり次第募集を締め切りいたします。

注意事項

ソーシャルディスタンス確保の関係上、定員は約30~35名といつもより少人数とさせていただき定員になり次第締め切らせていただきます。締め切り後の申込みはキャンセル待ちとなります。一人でも多くの方々にご参加いただけますよう、ご都合によりキャンセルされる場合はお手数ではございますが教育研究所ARCS事務局までメールもしくはお電話でご連絡をお願いいたします。
なお、当日は筆記用具をお持ちください。また、保護者様対象のセミナーとなっておりますので、お子様のご同伴はご遠慮ください。

※新型コロナウィルス感染拡大の状況に鑑み、国や自治体のガイドラインに基づき感染防止のための衛生管理を徹底した上でセミナーを開催いたします。
ご参加の皆様には
①マスク着用 ②入退室時の手指の消毒 をお願いいたします。
(マスクの予備、消毒用アルコールは用意いたします)
主催者側は利用前後に使用したイスや机、備品等の消毒を行い、セミナー中は換気と参加者同士の社会的距離を確保いたします。
また日程、場所等は現段階の予定であり今後の感染状況によっては変更の可能性がありますのでご了承ください。その際は随時ホームページでお知らせいたします。

キャンセルについて

当セミナーは完全予約制となっております。お席に限りがございますのでなるべく多くの方にご参加いただくためにもキャンセルされる際には必ず教育研究所ARCSまでご連絡ください。
(教育研究所ARCS TEL:04-7197-5461)
イベントに参加する