教育研究所ARCS

管野淳一Junichi Kanno教育研究所ARCS代表理事

1977年より塾講師、高校教師を務め、1984年「入試で燃え尽きない学力」をスローガンに進学塾を創立。

当時学習塾としては異例の「目先の点数を追わない」思考力・記述力重視の教育方針を打ち出す。その後小学生には国語算数など従来の教科の枠組みを外し、 ヒューマンサイエンス、ナチュラルサイエンスなどの統合型授業や中学生のディベート授業、高校生対象のリーダーシップ講座など大胆かつ時代の先端を行く改革を推し進める。

2013年教育研究所ARCSを設立。現在講演活動などを通して「本物の教育」を発信中。5児の父

経歴

  • 1977年から高校教師、アルバイト学習塾講師を務める。
  • 1984年 千葉県で学習塾(塾クセジュ)を設立。
    クセジュは進学塾として小中高生を対象に県内に5教室(生徒数約1千人)を展開し、地域最難関高校や東大など有名大学に多数の合格実績を輩出。
  • 2013年 塾クセジュ代表取締役退任
  • 2014年 一般社団法人教育研究所ARCS設立

主な活動歴

  • 講演会(東京都内・千葉県内教育委員会主催、学習塾主催)
  • 研修 (学校教師、教育委員会対象)
  • セミナー(子をもつ親対象)
  • 学校アドバイザー(市教育アドバイザー、都内・県内私立高校)

主な講演実績

  • 千葉大学教育学部大学院「教育者のあるべき姿」
  • 板橋区高島第三小学校主催
    「小学生だからこそこう伸ばせ!」
  • 流山市教育委員会主催「親のあり方」
  • クセジュ主催「平成父親塾」
  • クセジュ主催「親が変わらなきゃ」
  • 株式会社エーピーコミュニケーションズ主催
    「大いなる自己に気づき飛躍する」

著書

  • 「中学受験が子どもをダメにする」幻冬舎

取材メディア

  • 読売新聞、週刊朝日、千葉テレビ

この講師の人気記事

113,369 Views

母親の知らない思春期男子

今回は男の子の話をします。 意外に思われるかも知れませんが、思春期の男の子は女の子以上に繊細で傷つきやすい面を持っています。 その分扱いが難しいのです。 特に中2病を発症(笑)し...

57,574 Views

娘が父親を嫌うもっともな理由

父親と娘の関係といえば次のことはよく知られた事実ではないでしょうか。 娘にとって父親とは?好きか嫌いかどちらかである!父親にすれば娘から好かれるか嫌われるか、たいていは2つに1つというこ...

51,731 Views

私の気持ちを分かって!思春期女子の乙女心

前回までは思春期の男の子の話が中心でした。 今回は女の子についてお話します。 思春期というのは「中2病」といわれるほど難しい時期ではあるのですが、男の子の場合はわりと単純でいくつかのパ...

書いた記事を一覧