教育研究所ARCS

夏の過ごし方

ダイアリー

夏の過ごし方

お盆も終わり、大人の皆さんは平常の生活に戻っているであろう今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。今年の夏はどこか行かれましたか? 私はといえば、結構長い休み期間があったものの、まったく家から出ずに、なんとも地味な時間を過ごしました。あまりにも引きこもり過ぎて、日焼けするどころか逆に肌が白くなる始末です。

そういえば、前回か前々回のブログ(計画を立てる)で書いたギターの練習について。なぜかたくさんの人に読んでいただけたようで、よく「ギターどうですか?」と声をかけられます。

お答えします。計画はあえなく挫折。手慰みにチョコチョコ弾いただけで、目に見えるような成果はほとんど得られませんでした。あれだけ偉そうに「計画の重要性」などと言っていたにもかかわらずこの体たらく。すこししょげております。

しかし、少し言い訳させてください! ギターよりも大きなことをこの夏実行したのです。それは車を買うこと。
今乗っている車は10万キロ近く走りましたし車検も近いので、そろそろ替え時かなぁ、となんとなく感じていたのですが、夏に買うつもりはありませんでした。にも関わらず…。

何もすることがなく家にいると、ついつい車のサイトを見てしまいますね。刺激のない日常。長い休みの開放感。これらが相まって私を狂わせました。今の車を買ったときも半ば衝動買いでしたが、今回もほぼ衝動買い。お店に行ったのは一度だけ。その場で契約してきました…。

今回買ったのは元々ほしくて目をつけていた車なので後悔はしていません。しかし、状況に大きく動かされて正気を失ってしまう自分の心の弱さにはかなりしょげています。
皆さんも長い休みには気をつけて!

こんな懺悔風に書いていますが、結構幸せです(笑)

166 views

開催予定イベントのご案内

現在開催予定のイベントはございません。

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA