教育研究所ARCS

栄養は大切だ

ダイアリー

栄養は大切だ

皆さんお久しぶりです。最近ブログをなかなか書けておらず、前に書いたものの再録ばかりになっていました。その理由を少し言い訳させていただくと、実は私、ゴールデンウィークから最近まで入院しておりました。終わってみれば大したことない腸の病気だったのですが、家系的にも腸が弱いこともあり、検査結果が出るまでは、すわガンか?! とビクビクしていました。

さて、今回の入院ですが、本当にいろいろと考えさせられました。腸を患うと、基本的にお腹の中を空っぽにしなければなりません。つまり、絶食です。毎日のエネルギーを点滴のみで賄うのは、なんとも変な気分です。最初治療方針を告げられた時は、さぞ腹が減るだろうと予想していたものの、実際にやってみると、点滴中は全くお腹が空きません。なんというか、食欲という機能をどこかに忘れてしまったような感じです。特にご飯を食べたいとも思わず、普通に生活できるのです。人間の根源欲求の一つをこうも簡単に消し去ることができるとは思ってもいませんでした。

ただ、副作用もあります。何もする気が起きないのです。時間は山のようにあって、意識もはっきりしているのに、ただひたすらぼぅっとしているだけ。ひどい時は三時間も四時間も気がついたら過ぎています。今になって振り返ってみると、却って食事の大切さを痛感させられる出来事でした。
みなさんも、お身体におきをつけて!

148 views

開催予定イベントのご案内

現在開催予定のイベントはございません。

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA