教育研究所ARCS

東京公演、無事終わりました!

イベントレポート

東京公演ごあいさつ

昨日は研究所ARCS初の東京公演でした。普段は千葉県の柏市を活動の拠点にしている我々ですが、今回は少し足を伸ばして御茶ノ水まで遠征です。
会場は御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター。

看板

駅から徒歩1分のビジネス・商業複合施設で、できたばっかりなのか、とにかく綺麗! やはり会場が立派だと、ちょっと気分が高揚しますね。御茶ノ水には時々私用でいくのですが、こんな場所があったとは気づきませんでした。

今回は、我々の講演会に初参加の方も多くいらっしゃるため、まず我々の主張の全体像を知ってもらう必要があります。そのため、話の内容も教育についてストレートに論じるものになりました。
「学校教育の賞味期限切れ」が起こっている現代において、教育は「どこで」「誰によって」なされるべきか、そして、その内容はどうあるべきか。歴史的な背景から掘り起こし、具体的な「親にできること」につながっていきます。

会ではまず管野先生が語る近代教育の歴史にはじまり、小学生・中学生・高校生とそれぞれの年代で親が子供にできること、最後に子供と接する際の親の心構えをお話ししました。途中内容的に複雑な部分もありましたが、聴衆の皆さんはメモを取りながら真剣に聞いてくださっていたのが印象的でした。

教育は普段の生活の中でなされるもの。身近な存在であるがゆえに、ともすると本質を見失ってしまいがちです。このような会でお話することで、話している私自身も改めて考えを整理することができました。

第一次世界大戦をテーマに語る庄本氏

今後も研究所ARCSでは、子育てに関するライトなTipsから本格的な議論まで、様々なテーマで発信していきます。お楽しみに。

254 views

開催予定イベントのご案内

現在開催予定のイベントはございません。

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

1件のトラックバックがあります

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA