教育研究所ARCS

子どもの可能性を信じる

教育・子育て

子どもの可能性を信じる

子どもの主体性を育てるにはどうすればよいか。親は悩むところです。

今回は「中級編」として親の姿勢、親のあり方を中心に大切な観点をお話したいと思います。

そもそも子どもは本来知的好奇心、やる気に満ちているものです。それがいつしか旺盛な好奇心や活発な能動性(やる気)が抑制され、無限ともいえる可能性を自ら閉ざしてしまいがちになります。

それはなぜなのか。また親はどう子どもに働きかければよいのか。主に3つの観点からお話します。

155 views

開催予定イベントのご案内

現在開催予定のイベントはございません。

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA