教育研究所ARCS

ブログ再開しました‼

教育・子育て

ブログ再開しました‼

久しぶりです。昨年12月のブログで3月から「ホームページをリニューアルします!」と宣言したものの、ご承知の通り新型ウィルスの感染拡大などで作業が滞っております。

ブログも再開したいところですがなかなか難しい状況です。しかしそれでも今回はとりあえず“緊急ブログ”をアップします。

今回のウィルス騒動混乱が広がっています!ほとんどの学校も今日(2日)から休校になり、子どもたちも親も、学校の先生方も対応に苦慮していることでしょう。

ちょうど卒業式や入試と重なり、当事者や学校関係者の苦労は察するに余りあります。

私がアドバイザーを務めている学校でも、急遽卒業式を短縮し「親を呼ばない」など対応に追われています。
微力ながら私も明日から学校に詰め、少しでも現場の先生方に協力するつもりです。

ところでこういうときに必要なのは我々の冷静沈着な対応力です。

実際に進行している「事実」よりも冷静さを欠いた行動―パニック、流言飛語など―のほうがより深刻な事態を招くことは歴史が示す通りです。

まさに私たちは試されているのです。

困難に際してどれだけ理性的に振る舞い適切に対処できるか。そして忍耐と勇気です。

子をもつ親の皆さんは大変でしょうが、大人として良き手本を我が子に示すひとつの機会と捉えてこの困難を乗り切ってください。

受験生をお持ちの親御さん、ここは子どもの対応力を信じましょう。
私にも受験中の息子がいますが、心配するより彼が実力を発揮すると信じています。

1日も早い事態の終息を願うと共に、こういうときこそ冷静な対応を心がけるようお願いします。

272 views

開催予定イベントのご案内

現在開催予定のイベントはございません。

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA