教育研究所ARCS

子どもが親許を去るとき

教育・子育て

子どもが親許を去るとき

連休中ちょうど「子どもの日」に息子が家を出た。といっても家出したとかいうことではなく、息子は以前から「大学生になったら一人暮らしをしたい」と言っていて私たち親も一人暮らしは自立のチャンスと考えていたので、予定どおりアパートを見つけて引っ越して行ったのである。

もっとも、学校も都内で自宅から通えない距離でもなく生活費もある程度は送るわけだから完全な自立ではないが、それでも私も経験あるが一人暮らしは自立の第一歩には違いない。
ただ、親として我が子が「家から出て行く」ことに一抹の寂しさを感じたのも確かだ。引っ越しの当日は妻も息子についてアパートに行き掃除をしたり、洗濯機の使い方や簡単な料理法を教授(?)して来たらしいが、帰宅後夕食のテーブルを囲むと「何か寂しいね」と言う。

家族が一人欠けたのだからそれは当然なのだが、やはり食卓はシーンとして息子の「不在感」がただよう。

 

どこの家庭でも同じだが、親というものは子育てに多大なエネルギーを使ってきた。幼いときは特に熱を出したり転んでケガをしたりと手がかかり、学校に入れば入ったで成績のことやら部活、毎朝の弁当作りと肉体的にも精神的にも気の休まるときはない。直接子どもの世話をする母親は特に大変だ。「早く大きくなって世話から解放されたい」と願わない親はいないだろう。いま子育てに悪戦苦闘(⁉)している母親なら特にそう願うに違いない。

しかし子育て期間は意外に短い。私も実感するが、つい最近まで泣いたり笑ったりしていたガキンチョが、あっという間に高校生大学生となり親許を離れて行ってしまう。
あんなに「早く自立して欲しい」と思っていた子どもが実際に成長して親から離れると寂しくなってしまう。

こうして親も気づく。子育てにバタバタと奔走していたあの時期こそが充実と幸せの時間だったということに。
当たり前だが親は子どもがいてくれないと親として存在できない。子どもがいてくれるからこそ親の務めも果たせる。逆に言えば親のほうが子どもに依存していると見ることもできる。現に子育てを通して親も様々な気づきや学びを得てきたわけだ。苦しいこともあったが、楽しいことも嬉しいこともあった。泣いた日もあったが笑ったこともあった。つまり親も子どものおかげで人として成長できたということ。

そう考えると子どもに感謝の気持ちがわき起こる。子育てという人生の一大課題を与えてくれたことに。

 

 

息子が引っ越す当日。妻と息子が準備にバタバタしている間私はずっとベランダで一人本を読んでいた。いよいよ出発というとき息子が「じゃ、行って来ます」とハツラツとした感じでベランダに顔を出す。「オゥ頑張れよ」と私は返事した。

だが私が本当に言いたかったのは「ありがとう」だった。「今まで君の父親をやらせてくれて…」

620 views

開催予定イベントのご案内

親学はじまります

開催日: 2019年11月24日(日)

親学[子育てセミナー]第3弾 “子どもを伸ばす家庭の教育力とは!!”

ご好評につき定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきます。 昨年ご好評いただいた子育てセミナー「親学」。 今年度は新時代にふさわしい人間像とは何か…

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA