教育研究所ARCS

ワルのすすめ

教育・子育て

ワルのすすめ

1

この歳になると同窓会のお知らせが舞いこむことが多くなります。既に仕事を退職したり色々な活動(社会の第一線)から引退する時期を迎え、人生の終着が近づくにつれ人は青春時代を懐かしむものかも知れません。

そういうわけで先日も久しぶりに高校時代の同級生の集りに出かけて来ました。
卒業以来初めて顔を合わせる者もいれば、時々連絡を取り合う仲間もいて互いの消息を確かめ合ったり昔話に花を咲かせたりとそれなりに賑わっていました。

で、やはり面白いのは昔「不良系」だった連中! 不良系といっても様々で「あの先生の授業は(つまらないので)聞いても仕方がない」と特定の授業参加をボイコットしていた者。
「ベトナム戦争反対」のチラシを入学式の日に新入生に配布して停学になった者。
友人が街のチンピラグループに殴られた仕返しに、授業をサボってわざわざ彼らの溜り場に行って乱闘騒ぎを起こした者。
他にも一匹オオカミで教師や校則にあまり従わず独自路線を歩む者など多種多彩。

改めて彼らと話すと高校時代と何も変わっていない!
やはり強烈な個性を放ちながら「独自の世界」を歩んできた匂いがするのです。

さて、ここで特筆すべきは彼らは社会的規準でいうならけっこう「偉くなっている」ということ。一級建築士であったり司法書士であったり、会社経営者であったりとソコソコ成功している。中には警察署長を勤めた奴もいた!(笑)

逆につまらない(!?)のはマジメ系の連中。話してもちっとも面白くないという点では彼らも高校時代と変わっていない(笑)。マジメで大人しく勉強もソコソコできた連中はそれなりの(大手)会社で宮仕えをつとめていた者が多い。そして仕事の自慢なのか周囲をつかまえてお説教したり店のスタッフの若い女性にからんだり(セクハラ?)していました。

元不良はそんな元マジメ系を余裕の表情で見下ろしている。私的には何かとても面白い光景でした。

2

「じゃ、ワル(不良)だった奴らのほうが出世するのか!?」
「不良のほうが良いという話なのか」というならもちろん違います。
良い悪いの話ではない。

私のいう不良とは、先の例でも分かるようにいくつかの特徴というか基準があるのです。第1に押しつけられたルールにやみくもに従わない。
第2に自分独自のルールというか価値観をもっている。
第3に損得計算で行動しない。そして最後に仲間を大切にする・・・です。

自分なりの行動基準をもつことはきわめて大事なことだと思います。それは本当の意味でプライドの高さを示しているからです。
「自分軸」をもたない者は自信がないので、いったんコトが起こると軽挙妄動しやすい。
なのでますます「外側の規準」を頼ろうとする。
結果として大きく世界が開けないということです。

「損得で動かない」も大事。不良系は自分の内部に行動基準があるので目先の利益に左右されない傾向がある。これは「仲間を大切にする」にも通じることで、信頼している仲間が失敗したり困難なとき見捨てず助ける行為はときに危険を伴います。それでもあえて信頼し続けることで周囲からの支持を得ることが多い。
目先の利益より大局を見る姿勢ということです。

不良系の最大の特徴たる「ルールにやみくもに従わない」というのは、単に「押しつけ」を嫌っているからではなく、ルールの裏側にある本質を何となく直観しているからだと思います。「このルールは○○のために誰かがつくったものに過ぎない。」そう感じているので従うときもあれば従わないときもあるのです。

つまり何でもかんでも反抗するとか、ワガママを言うのではなくある意味ルールを超えているのです。

ルールを超えているからこそ、独自のルールを生み出せる。それはつまり自分独自の世界を創造できるということです。

こう考えると彼ら不良系が出世したり成功しているのは当り前な気がします。

不良、ワル、ルール破り! これらは親の皆さんー特にお母さんたちーが忌み嫌うものです。
しかし先生や親などなど周囲の大人たちにとっての良い子が、必ずしも社会で活躍する人物とは限りません。それは大人にとって都合の良い子であって本人たちの幸せとは関係がないのです。

私たちは知らずしらずの内に、自分たち(大人)をわずらわせない、言うなりになるような子を育ててしまっていないでしょうか。

不良(ハミ出す者)こそ社会で成功する

少し語弊がありますが、マジメすぎる世の大人たちに上の言葉を贈りたいと思います。

ARCS主催イベント「高校研究会【私立編】」

学校側のPRでは知ることのできない「実状」をこっそりお伝えします。
千葉県北西部の生徒たちが数多く受験する有力校を中心に、教育内容・進学実績など多方面から分析! 「進学重視」「学校生活重視」など、カテゴリー分けとランキング化を行います。お見逃しなく!
本イベントはどなた様も無料でご参加いただけます。

注目対談

専修大学松戸高校小泉校長先生と教育研究所ARCS所長管野が「私立高校のメリット・デメリット」をテーマに対談します。現役校長先生との対談をお見逃しなく!

お申し込みされる方へのお願い

  • お席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。定員になり次第、お申し込みをお断りさせていただきますことをご了承ください。
  • 当日は大変混雑が予想されますので、開始直前のご入場はご遠慮ください。(開場:9:30 開演10:00)
  • 一人でも多くのお客様にご参加いただくため、お申込みをキャンセルされる方はお早めにご連絡ください。
  • 本イベントは保護者の方を対象としております。お子様連れでのご参加はお断りしております。

参加お申し込みはこちら
イベントの詳細はこちら

最後までお読みいただきありがとうございます

この記事が「参考になった!」「おもしろかった!」という方はぜひシェアにご協力ください!

178 views

開催予定イベントのご案内

親学はじまります

開催日: 2017年10月21日(土)

第3回「親学」”いま必要な新しい子育てとは何か”

クセジュ創立者で現教育研究所ARCS所長の管野淳一が思春期の子をもつ親のために公開セミナーを行います。 題して「親学」! いま教育制度や必要な人材が大きく変化し…

高校研究会私立編

開催日: 2017年11月11日(土)

高校研究会【私立編】

第一部 注目対談 専修大学松戸高校小泉校長先生と教育研究所ARCS所長管野が「私立高校のメリット・デメリット」をテーマに対談します。現役校長先生との対談をお見逃…

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA