教育研究所ARCS

習うより慣れろ?

教育・子育て

習うより慣れろ?

塾の講師のお仕事は第一に授業ですが、もちろんそれだけではありません。授業に劣らず大きなウェイトを占める仕事としてテスト作成というのがあります。私が子供の頃は、手書きの文章がわら半紙に印刷されたものがまだ残っていましたが、今では手書きは絶滅し、ワープロ作成のものに取って代わられています。そんなワープロ作成のお供が「マイクロソフト ワード」。これまた昔は「一太郎」というライバルソフトがあったのですが、最近は「ワード」の一択になっているようです。

このワードというソフト、実はかなり奥が深いことが最近分かりました。解説書を読み込んでやり方を学んだ上で作ってみると、非常に完成度の高いレイアウトのものができあがるのです! これまでは正規のやり方とは違うやり方で無理矢理やっていたため、表面上はかっこよく仕上がっているのに、少しでも文章を変更してしまうと一気に全体のレイアウトが狂っていました。そのときの絶望たるや! そんなことを繰り返すなかで、「綺麗なレイアウト」を目指すモチベーションを失っていきます。結果として、高いワープロソフトを使っているにもかかわらず、できあがるものは手書きとさほど違いがない、非常にクオリティが低いものとなっていたのです。

この経験から「習うより慣れろ」は必ずしも正しいとはいえない、ということが分かります。慣れは確かに重要ですが、新たなやり方を常に模索する意識を持たないと成長はありません。一つの行為をなめらかにこなせるようになったとしても、その行為自体が間違っていては元も子もありません。今回の経験では、わたしは解説書から「習う」ことができました。そして、この「習う」をもっと早くやっておけばよかったと後悔しています。

しかし、我流でやることを極端に忌避するのもまた違うような気がします。もっと早く習っておけばよかったという後悔も、これまでの試行錯誤があったればこそ、なのです。もしパソコン教室で何気なく教えられていたとしたら、確かに効率はよいかも知れませんが、そこには感動はありません。

最近の生徒を見ていると「予習」を恐れる人が多いように感じます。まだ学校(や塾)で習っていないところを自分で進めるのがなにか悪いことであるかのように思っているのです。これは、一つは学校のカリキュラムや進度を絶対視する習慣が染みついていること、そしてもう一つは「自分の力を信じていない」ことに起因します。生徒達が言う「習っていないからできなくて当たり前」というのは、教える機関やシステムが身の回りにあふれているために、それらの機関やシステムを抜きに行動することが考えられなくなっているがゆえです。だからこそ、逆説的に、教える機関である「塾」で、教えられていないことをやれ、と伝えなければなりません。教えてもらうことを求めて塾に来る生徒達は面食らうかもしれません。しかし、それでもなお自分でゼロから試行錯誤する経験をしてほしいと思います。

我流でやり過ぎるのもよくないし、習うことだけを重視するのもよくない。つまり、バランスが求められます。学校に比べて格段に生徒と近いところで授業ができる塾だからこそ、このバランスを伝えることができるのかもしれません。

356 views

開催予定イベントのご案内

現在開催予定のイベントはございません。

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA