教育研究所ARCS

おいしいコーヒーが飲みたい

ダイアリー

おいしいコーヒーが飲みたい

突然ですが、私は筋金入りのコーヒー党。
いつの頃からかは分かりませんが、朝から晩まで水代わりにコーヒーを飲んできました。そのおかげでカフェインなどほとんど効かない体質になり、今では眠りにつく前に濃いコーヒーを飲まないと落ち着かないほどです。

そんな「日々コーヒー」の私ですが、自分でも意外なほど、味にはこだわりがありませんでした。インスタントコーヒーの一番安いもので満足、大満足でした。

しかし、最近はやりの「コンビニコーヒー」が私の貧乏舌を見事開眼させてくれました。挽き立ての豆の香り、適度な濃さ、適度な熱さ。すべてが少しずつ、コーヒーの「味」を思い出させてくれます。一ヶ月ほど、毎日某コンビニに通い詰め、一杯飲むのが癖になったのです。

そうしてみると、生来の凝り性がむくむくと頭をもたげてきます。もっとおいしいコーヒーはないものか。もっとお手軽に飲めないものか。ここに至って、いそいそと調べ始めました。

家でおいしいコーヒーを飲むためには「コーヒーメーカー」なるものが必要らしい。どうせならメンテナンスフリーで、豆から自動的に入れてくれるやつがいい。どんどん要求はグレードアップし、デザインにもこだわり始める始末です。(最終的に気に入った機種は、値段を見てなんとびっくりの150,000円でした…。とても買えません…。)

いろいろと調べてみると、このコーヒーメーカー、実に種類が豊富です。注ぐお湯の温度から蒸らしの時間、濃さ調整など、細かい違いを挙げていけばきりがありません。
コーヒーとはこれほどに奥深い世界だったのか、と今更ながらに感動しきりです。一度火がつくとなかなか鎮火しない私の物欲。コーヒーメーカーを買おうと思い立って半月ですが、まだまだお目当ての機種は決まりそうにありません。

読者の皆さんで、おすすめの機種があったら是非教えてくださいね!

178 views

開催予定イベントのご案内

現在開催予定のイベントはございません。

お悩み相談室

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

子供に「だんだん苦手な教科が出てきたが、どこがわからないのかがわからない」と言われた

最初から核心を書いてしまうと、この台詞には二つの意味があります。一つ目は「(ある単元、分野の説明を)一回聞いたが頭がこんがらがったので、(面倒くさいから)あきら…

中学受験が子どもをダメにする

「本当の学力」を望むなら、親は思い込みを捨てなさい。

ついに管野所長の書籍が発売となりました。講師歴35年以上、長年の教育実践の経験を1冊の本にまとめました。中学受験を検討中の方、子どもに本当の学力を望む方はぜひ読んでいただきたい書籍となっています。

ご購入・Amazonレビューはこちら

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA